picture

山鹿 八千代座交流館での演奏

img056

2013年熊本県山鹿市 八千代座交流館での演奏です。(山鹿こども劇場主催)

明治時代から昭和初期にかけて西日本一の生産を誇った「山鹿和傘」の装飾が美しいです。

繁根木八幡宮例大祭2014

玉名にある繁根木八幡宮例大祭にてvientoさんのゲストとして演奏させていただきました。

2014繁根木八幡

Vientoさんとの共演

2014.8.29 天明ホールにてvientoさんとの共演した時の様子です。

花を咲かさなかった命にも月の光はやさしく降り注いでいるという内容の曲です。

作曲された美紀さんは熊本県荒尾市にある炭鉱跡万田抗にて曲想を得たと言われていました。

『月からの手紙』フルバージョンはこちらの川原一紗◎藤川潤司facebookページから試聴できます。

月からの手紙2014

病院での演奏

熊本市にある熊本機能病院での演奏です

熊本機能病院での演奏小

アウトリーチ 小学校での演奏

 

1年間に7校前後の小学校に生演奏の出前授業に行かせてもらい、

3年で玉名市のほぼすべての小学校を訪れました。

計算してみると2000人以上の玉名市の子どもたちに聴いてもらいました。

子どもたち数人に民族楽器を手にしてもらい、その場での即興のセッションは

音を楽しむという角度からの音楽へのアプローチで毎回好評でした。

ぼくたちも子どもたちの感性から素晴らしい刺激をいただきました。

小学校で演奏した後日にたくさんたくさん届けられる、うれしい子どもたちの感想です。

 

川原さんとふじ川さんへ

今日はわたしたちのために音楽を聴かせていれてありがとうございました。曲をきいていてすごく心がなごみました。川原さんの歌声をきいていて最初CDにきこえたくらいにすごいきれいな歌声でした。ふじ川さんのみんぞく楽器の太このひびき方がすごくよかったと思います。わたしが一番よかった曲は、「母なる大地のうた」です。歌詞をきいていて、「お母さんってすごいな」と思いました。後、川原さんピアノをひきながらきれいでひびく声はどうやってでるのかふしぎでたまりませんでした。ほかの楽器の、音を食べれる楽器にびっくりしました。目をつぶると楽器の音がくみ合わさって気持ちのいい時間をすごせました。今日は本当にありがとうございました。またきれいでびっくりするような曲きけるといいなと思います。

※音を食べる楽器:チベタンベル

玉名市高道小学校6年 S.Nさん

 

 

大浜小学校ではジェンベ経験者の先生がいらっしゃったので一緒にみんなでリズム遊びで盛り上がりました。

 

自然農の田んぼ

去年から自分たちで自然農(無農薬無肥料)のお米を作り始めました。

植えた直後の田んぼの様子。

玉名の石貫地区にある田んぼは山からの清水と鳥と虫の声のこもりくです。

豊かに実ってくれたお米を家族で収穫。

 

みんなで掛け干しして、

 

足踏み脱穀しました。

ちゃぶ台おゆろくん、石貫の徳永さん、ご教授ありがとうございました!

息を合わしてリズミカルに♪

福岡朝鮮歌舞団のみんなと

ユヒャンちゃんが歌舞団(カムダン)を卒業する時期に共演しました。

だれもが感動する歌舞団のみんなの芸にかける一途な想い。

その時どこにも国境がないことを教えてくれました。

ユヒャンちゃんの詩物語に一紗がメロディーを乗せて、

海の魚と空の鳥の恋の物語、『海空-みそら-』が生まれました。

次のアルバムに収録する予定です。

吉村医院母子保健室(愛知) ナースアウト長洲(熊本)

 

毎年演奏させていただいているナースアウトat長洲の様子。

会場中が母と子のおだやかな波動に包まれます。

吉村医院母子保健室にて

愛知の演奏の際はオーガナイズしてくれて、始めに挨拶してくれる幸っちゃん。
幸ちゃん裕美ちゃんそしていつも手厚いサポートしてくれる愛知のみなさん、本当にありがとう!!
妊婦さんが集まって母になる準備をする『古屋(ふるや)』。
守られた安心の中に芯がある、そんな波動の場所です。
最後は謎のサイン会・・・?

太陽の舟

うきは市にある好きな珍敷塚(めずらしづか)古墳。

舟の上には太陽。

冥土を案内する鳥と航海。

エジプトから九州へ続く記憶。

お菓子の香梅にて

熊本市内お菓子の香梅にてコントラバス奏者松本洋一さんと